読者の立場になってライティングをしよう

ライターの仕事をしていると、たくさんの募集を見かけます。
たくさんの案件の中には、タイトルの他に有益となるような見出しがたくさんついていることがあります。
通常はあまり重要視されないような部分ですが、見出しの後に続く文章の内容が見出しと合っているか、有益なものとなっているかは、大変重要なことだと思います。
タイトルや見出しを上手に考えることができることは、ライティングセンスによるところも大きいのですが、記事を読む側の立場に立つと、わかりやすい見出しが必要だと導かれてきます。
読者にとって欲しい情報が見出しなどによって見つかることは、検索する過程では大変便利なものです。
また、ひと目で欲しい情報を探す事も出来るために、ストレスフリーで検索することが可能となるでしょう。
常にライターの仕事は、募集がありますが、ただライティングをすれば良いだけではないことが良く分かると思います。
自分がライティングした記事をしっかりと読んでもらうためには、案件の内容に沿っている事、タイトルや見出しがしっかりとしていてわかりやすいことなどが重要になります。
特に見出しは、タイトル同様に力を入れて考えておく事をおすすめします。

関連記事: